レディ

年々増えている英語の実用性|英会話スクールを利用しよう

英語を話すためには

アルファベット

話すことに力点を置く

英会話を習得したいという日本人は多く、本屋などに行っても多くの英会話に関する教材を入手することができます。その幅は広く、幼児向けから大人向けまでと様々な形式が用意されています。英語が話せないという日本人の多くは、実は既に中学で基礎的な英語を学んでいるため、読むことはできるけど、話すことや聞くことができないという点で、英語が話せないと言っている人が多くいます。では、話すためにはどのような教材を選ぶのが良いのでしょうか。英会話ができないという人の多くは、口を動かす経験が少ない人が圧倒的に多いです。日本語は話せるのは、小さいころから日常的に口を動かしているからです。英会話の教材を選ぶポイントはここにあります。単語を覚えたり、熟語を覚えたりすることも大事ですが、口から自然と出てくるようになるぐらい、音読をすることがポイントになります。では、音読をするための良質な教材はどんなものなのでしょうか。1つ目は、中学校の教科書です。ここには日常使わる基本的な英会話が満載です。読むのはきっとできる方が多いと思いますが、実際に発音している人はさほど多くないのではないでしょうか。中学校の教科書は会話形式で記載されているものも多く、実戦で使えるものも多くあります。このとき重要なのは、単語の発音ではなく、文章として話すということです。なかには発音を気にする方もいますが、英語には国ごとに様々な発音があります。日本に方言があるのと同様です。あまり発音を気にするのではなく、まずは文章を口からスムーズに言えるようにするのが、英会話上達には欠かせない力となります。